会社は、とりあえず3年は続けろ、途中でやめる事は非難される。


こんにちわ、片桐 有です。

僕自身の慰めるために書きます(笑)

「会社は、とりあえず3年は続けろ、途中でやめる事は非難される。」

という考え方は、根強くある気がする。

今回は、その事について自分なりに考えてみました。

僕も途中で仕事を辞めて、人に非難される事がありました。

高校卒業後すぐに社会に出て、3年間美容師をしていました。

1年半ぐらい経ってから辞めたい、と思い始めだけどやめられない状況が続き

気づいたら3年間続けていました。

続けていたのは、とりあえず3年は続けるという昔から言われている固定観念。

3年は、続けないと周りに非難される

だから続けていた。

3年が経って辞める覚悟を決め

辞めたい意思をオーナーに伝え3年で辞めることに

辞める時、お客様に「あんた辞めるんだね。」と言われ

その言葉は、「あんた辞めるんだ、意思が弱いね。

と言われている様な感じがした。

僕の中では、すごく悔しく切なかった。

今でも忘れられません。

yameru2

今思えば、なんで3年間続けたのだと疑問に思いました。

その時は、常識という固定観念が3年間勤め上げるということをさせたんだと思う。

もし当時の自分に会えるとしたら「早くやめな。」と伝えてあげたい。

常識というのは、常に正しいのでしょうか?

きっと違うと思います。

常識は、みんながやっている。考えている。

ただそれだけであって常識は、正しくないと思う。

正しい、正しくないとかはどうでもいんですけど

常識という固定観念が邪魔してうまく行ってなかったり、不幸になっている人は、

常識というのを考えてみては、どうでしょうか?

会社は、とりあえず3年は続けることは、得なのか?

yameru3

とりあえず3年続ける=いいこと。

途中でやめること=非難されること。

というのは、日本人が作り上げた固定観念ではないでしょうか?

途中で投げ出すことは、良くないことではないような気がします。

例えば、会社に勤めていて

・将来のためにならない

・やりたいことではない

・労働環境が最悪

と分かっているのに続ける。

というのは、将来のリスク回避を出来ないと思う。

僕自身が実際に体感したのが

将来、自分で美容師で起業をしたかったが

その業界に入り、業界の労働環境の悪さ、美容師は年齢に左右される、起業した時のリスクを考えたときに

全く将来性が見えませんでした。

目的達成のため、将来のために辞める。

ポジティブに考えるべきです。

辞めることが悪いわけではないですし、続けることもいいことではない

その会社に勤めて、自分にとって続けることがいいのか、辞めることがいいのか

判断すべきだと思う。

他人に非難されるのが嫌だから続けることが一番時間の無駄で自分のためにならないと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です