中学生、高校生が、疲れとれないのって病気?


高校生で若いのに疲れが取れないのは、病気なの?

それとも、忙しくて休む時間が無かったからその疲労が溜まっているの?

部活、勉強などで疲れているのでは、無いのでしょうか?

若いのに疲れる原因を少し探ってみたいと思います。

若いのに疲れるの?

若いからと言って健康というわけではありません。

疲れが貯まりやすい人もいれば、疲れ無い人もいるんですね。

それは、人それぞれ違うんです。

じゃあどうやって疲れをためずに疲れ知らずの体になるんでしょうか?

高校生、中学生の場合は、勉強、部活など休日も休む暇がないくらい忙しい。

その中で休みゆっくりと自分で管理することが難しい人が多いと思います。

疲れやすくなる原因が、休みがとれない、食生活、睡眠がしっかりととれていないと色んな要因があります。

ですが、ほとんどの高校生、中学生が若いからといって健康に気を付けているわけではないんです。

健康=疲れにくい体にする。

お金を多く稼ぐ人たちは、健康に気を付けている人たちが多いです。

それは、休んでいる暇なんてないですし疲れて仕事が出来ないなんて事を言っていられないんですよね。

ですので、若いからと言って健康に気を使わないと疲れが貯まりやすくなり中々疲れが取れずに

集中力が低下する。

若い時から健康に気を付ける。

食事に気を付けていますか?

健康の基本は、食生活です。

みなさんは、朝ご飯、昼ご飯、夕ご飯の3食を食べるという食生活があると思うんですが

それは、意外に間違えだったりするんですね。

発明家エジソンがパンを焼くトースターを昔に開発したそうです。

その当時は、2食という食生活が普通だったのですがそのトースターを多く販売するために

3食食べた方が、人は健康になりますよ!と全国民にテレビ、新聞などで報じたそうです。

それを見た人たちが、健康になるんだったら3食の食事にしよう!と思うようになり

食生活が3食というのが今では、基本になりました。

その時に販売したトースターは爆発的に売れたそうです。

3食は、日本にも伝わってきて今ではもう基本的になっています。

もし気になる学生さんは、トースター 2食とググって見てくださいね。

2食にした方が疲れ知らずの体になる。

3食ではなく、2食の方が疲れ知らずの体になります。

なぜかというと、食事をする事にも人は体力を使っているんですね。

食事をすれば、食事したものを消化しなければならない。

その消化するために体力を使い、疲れが取れずらくなってしまいます。

なので、1日2食にすると健康的で疲れ知らずの体になりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です