(高校生)軽音部でボーカルをやりたかったら自信を持て!!


軽音部でボーカルがやりたい。

けど、友達がいるから空気を読んでボーカルをやりたいと言えない。

だけど、ボーカルをやりたい!!という高校生は、多いのではないでしょうか。

軽音部でボーカルをやりたい!そう思う人がボーカルをやるために必要なことをまとめました。

軽音部)ボーカルしたかったら自信を持て!

高校生の時には、ボーカルをやっていました。

その当時は、友達から陰口で「なんでアイツがボーカルなの?」

とか言われていました。

正直、その時はショックでした。

ボーカルは、みんな同意の上でなったのでそれなのに陰口。

だけど、今考えてみば普通の事です。

だって高校生の時ってみんな「自分が目立ちたい!!」と思う。

だからこそ陰口が生まれる。

本当にやりたかったらそんな陰口を気にせず、本気でボーカルに力を注げばいいんです。

本気でやっているのにメンバーが認めてくれなかったら、もうそんなメンバーは仲間じゃないです。

軽音部)ボーカルは、嫉妬される。

メンバーは、ボーカルに嫉妬します。

ほとんど人は、そうですよ。

だって目立っていて、一番カッコイイですもんね。

なので、嫉妬されるのなんて当たり前なんですよ。

嫉妬されてなんぼ(関西弁)ですよ!!

嫉妬されるということは、自分の才能が認められているからその事に関して嫉妬している。

そうポジティブに考えていいです。

ボーカルは、基本的に嫉妬されてるんですから。

軽音部)ボーカルを本気でやっている?

僕が、高校生の時にボーカルは本気じゃなかった。と今は思います。

それは、なぜかというと「歌しか歌っていないから。」

え!ボーカルって歌だけ歌っていればいいんじゃないの?

いや、違うでしょって今は、思いますよ。

だって歌だけ歌えるボーカルなんて腐るほどいるんだからさ。

そうじゃなくて個性的なボーカルにならないと駄目じゃないかな?

例えば、今なんか米津玄師さんなんかすごいですよね。

この米津玄師さんは、元はバンドを作っていたが個人で活動した方がいいと考え

今は、一人で大活躍中ですよね。

その米津玄師が、活躍出来るのも歌えるだけでなく

イラスト、作曲、映像制作など他のボーカルが持っていない技術を持っています。

歌えるだけでは、時代遅れだと思っています。

ですが、一つの事で貫くこともカッコいいですが

一つの事で貫く人って才能があったうえで、努力を圧倒的にしています。

アナタは、才能があり努力が出来ていますか?

さいごに

ボーカルは、大変な仕事でもありますが人一倍やりがいはあると思う。

だが、本当にボーカルをやりたいのであれば自分一人でも出来ます。

友達がいるから出来ないなんてのは、正直甘すぎる。

本気でやりたくないのか?じゃあやりたいって言うな!と今の僕なら言いますね。

だから、ボーカルをやりたい人は本気で練習、技術を磨け!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です